ハザードガイド
logo-hazard-transparent.png

ハザードガイド


RPC機構は、極めて多種多様な物質、物体、環境などを扱っています。下のリストは、職員が遭遇するであろう最も一般的な危険性(ハザード)を挙げたものです。RPCデータベースには、安全上のリスクを職員に知らせるために、そのアノマリーの持つ危険性に関連したハザード分類が含まれています。

h-攻撃性.png
攻撃性ハザード/Aggression Hazard:
オブジェクトは一般的に職員または人間に対して敵意を表します。
h-動作性.png
動作性ハザード/Animated Hazard: オブジェクトは自由に動く能力を有しています。これはアノマリーが生物でない場合にのみ使用できます。
h-水性.png
水性ハザード/Aquatic Hazard: オブジェクトは水に影響を与えるか、水生環境を好む傾向があるか、その他の水に関連する能力を有しています。
h-射撃性.png
射撃性ハザード/Ballistic Hazard: オブジェクトは発射体の作成または発射によって攻撃を行う能力を有しています。
h-気候学的.png
気候学的ハザード/Climatological Hazard: オブジェクトは天候に影響を及ぼしたり、起こり得ない、または理に適わない気象状況を作ることのできる能力を有しています。
h-生態学的.png
生態学的ハザード/Ecological Hazard: オブジェクトはあらゆる規模での生態系の破壊や異常な生物圏の創出により、生物圏の働きに危険な影響を与えることのできる能力を有しています。
h-地球外的.png
地球外的ハザード/Extra-terrestrial Hazard: オブジェクトは地球の大気圏外から生じたものか、あるいは現在大気圏外に存在しています。
h-地質学的.png
地質学的ハザード/Geological Hazard: オブジェクトは地球の形態を変更したり、地球の状態や構造を急変させることのできる能力を有しています。
h-集団的.png
集団的ハザード/Grouped Hazard: オブジェクトは類似した異常性を持つオブジェクトのグループの中で能力を発揮します。
h-非実体性.png
非実体性ハザード/Incorporeal Hazard: オブジェクトは物理的な形をとらないか、実体がないと推測されます。
h-機械的.png
機械的ハザード/Mechanical Hazard: 電気機械や伝統的機械を含む、機械のオブジェクトです。
h-有機的.png
有機的ハザード/Organic Hazard: オブジェクトは本質的に有機的なものです。
Psychotronic.png
精神工学ハザード/Psychotronic Hazard: テレキネシス、予知、テレパシー、念力放火など、オブジェクトは超自然的な能力を有しています。
h-再生.png
再生ハザード/Regenerative Hazard: オブジェクトは損傷を受けたとき、機械的、生物学的、あるいは他の手段によって自身を修復、または再構成する能力を有しています。
h-高等知性.png
高等知性ハザード/Sapient Hazard: オブジェクトは高レベルの論理的思考が可能です。
h-自己複製.png
自己複製ハザード/Replicating Hazard: オブジェクトは、自身を更に構築したり、他の物体を自身の複製に変化させたり、自発的に自身の複製を出現させる能力を有しています。
h-知覚.png
知覚ハザード/Sentient Hazard: 基礎的なレベルの感情を持ち、自身の周囲への認識を示す能力を有する実体です。
h-変形.png
変形ハザード/Transmutation Hazard: オブジェクトは自身や他の物体の形を変える能力を有しています。
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License