異常性爆発とは

4.3

3

us.png

第一次世界大戦以後、異常なイベントやオブジェクトの報告は、それ以前の40年間と比較して████%増加しており、近代的な物体に対してより多くの異常性が現れています。 1945年9月2日の第二次世界大戦の終わりに、研究部門はこのイベントを公式に認識し、このイベントを説明するための可能な理論の提言を要求しました。これらの提案をするように要求された研究者は、Huehnergard博士とDonnellon博士、2人の尊敬された研究者でした。1947年12月12日に、2つの理論がThe Office Of Analysis and Scienceの研究部門長に提示されました。

Huehnergard博士が発行した最初の提言では、異常なオブジェクトやイベントの増加は、過去40年以内に人類が行ったコミュニケーションの進歩の副作用にすぎないと述べています。 Huehnergard博士は、理論上、長期間にわたって活動している証拠を示したRPCを引用していますが、現代の通信による報告のおかげで最近発見されたばかりです。しかし、この提言は、異常な特性が現代のオブジェクトでより多く現れるように見える理由を説明できないことでしばしば批判されます。

1894年のラジオの発明と1905年に起こった電話の大量商業化により、現在の多くの異常を見つけるのに必要な通信がなかったと考えることは、そのような広がりと見ることができます。 また、これらの年内に、当局が第一次世界大戦前に多くの国でグローバル化を始めたばかりであることも考慮してください。 これらだけを考慮すると、異常の増加ではなく、リソースの改善の証拠があると仮定するのが合理的であると考えるかもしれません。
-Huehnergard博士の提言文書の導入より

Donnellon博士によって発行された第2の提言は、異常なオブジェクトとイベントの増加は、現在史上最も多くの異常を急速に現しているイベントによって引き起こされた異常現象の結果であると述べています。 Donnellon博士の理論は、異常な出来事の原因は、他の異常の自然な能力に起因するか、個人のグループによって行われた意図的な行為であると示唆しています。確かに機構の多くはこの提言に同意するかもしれませんが、AEP協会(Association for Ecclesiastical Primacy)やGEARなどの要注意団体に対するDonnellonのバイアスのために、彼は理論上何度も暗示しているため、依然として批判されているようです。

(ページ2の紹介から)前述の出来事が述べられていることから、異常な物体の増加は、私たちが得た効率によるものではなく、実際に異常そのものの増加によるものであることに疑いはないようです。 この考えを支持するいくつかの注目すべき証拠には、異常な性質の影響を受ける現代のアイテムの増加、同じ通信システムが最近までこの増加を見ていないという事実、および最近発見された有機体は通常老齢ではないという事実が含まれます。

(25ページから)さらに、これはある時点のエンティティによって意図的に行われていると信じる理由があります。 これが事実かもしれないという疑いは、AEP協会によって行われている買収の奇妙な量から来ています。
-Donnellon博士の提言文書の抜粋

これらの2つの理論は、RPC機構がより多くの異常を封じ込めて調査するためにさらに大きな努力を払ったときに、異常性爆発を説明するために開発されました。第一次世界大戦前の異常性は珍しく、毎世紀平均でわずか15が発見されていました。 Auctoritas Impertusの時代でさえ、機構は50年の間に最大21個の異常性を発見していました。 今日の異常性は、1年ごと、数年ごと、または1か月ごとに発見されます。

理論は前に述べた日に研究部門に提出され、これら2つの提言の評決は5日後に達した。1947年の研究部長である████████博士は、両方の異常性爆発に対する提言を拒否しました。

どちらの理論も現代の異常の起源とその出現率の増加について大きな議論をしているが、これらの理論は多くの説明されていない事実を提示し、非常に多くの根拠のない憶測を含んでいる。 そのため、引き続きより多くの研究者による提案を受け入れます。 これらの提案がいずれも基準を満たしていない場合、すべての研究部門の担当者が代わりに独自の解釈を受け入れ、後日「異常性爆発」のレビューを要請するようお願いします。
-Donnellon博士及びHuehnergard博士の提言に対する拒否の抜粋

両方の理論の拒否に続いて、異常な実体の急増を説明しようとする他の研究者によって12以上の他の理論が考案された8年が経過しました。これらの理論はすべて、最初の2つの理論のバリエーションであるか、研究部門長(おそらく、最初の2つの提言を否定した博士)の目には当てはまらない議論を含んでいるために拒否されました。

しかし、提示された興味深い理論の1つは、Anderson Coherency Scale(アンダーソン整合性スケール/アンダーソン統一スケール)を含むオズボーン博士によるものでした。オズボーン博士によると、多数の化学反応を伴う世界中で多くのテストが行​​われた後、平均ACSで発見が行われました。 オズボーン博士は、アンダーソン定数が3.97から3.99799981に減少したと述べています。まあこの理論も同様に拒否されているんですけどね、その理由は主要国からのデータのみを考慮し、小国からは考慮しなかったためです。それに、特定の化学反応で実験を実施するだけで、論理テストを並行して使用しなかったとか。理論のリクエストは、最終的に1956年5月9日に終了しました。

これらの理論が発表された後、研究部門の多くは、研究されているすべての異常の文脈におけるすべての理論とその妥当性について議論しました。 最終的に、1959年4月7日に調査が行われ、理論に関する研究部門のスタッフの考えが明らかになりました。 世論調査によると、21%がHuehnergardの提言を信じ、32%がDonnellonの提言を信じ、25%が12の提言の1つを信じ、残りの22%は独自の独自の考えを持っているか、まったく考えていません。

今日、201█年の時点で、機構内の研究者の約45%が、20世紀内の技術の移行という文脈で論理的に意味を成しているため、それが他の人のせいであると決して言及しないことで、より偏りが少ないように見えるため、最初の提言に同意します。提言のどれかが正しいと思われる議論はまだありますが、正しい理論はまだ決定的ではありません。研究部門はまだ、イベントをレビューする計画を立てていません。それでもどの理論が正しいかに関係なく、すべての理論は同じように1913年以降の出来事を提示しています。異常性爆発、と。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License