用語集
logo-document-transparent.png

用語集


RPC機構に新しく雇用された職員は、目の前にある一般的でない用語や概念、語彙に圧倒されることがよくあります。同じ概念でも、各部門によって指し示す意味が異なる場合もあり、さらなる混乱や誤解を招いています。以下は、様々な場所で使用されている用語や概念について説明されているファイルやドキュメントのリストです。

特殊技術


機構が使用する一般的でない技術

記憶処理(Amnetics)

記憶処理(Amnetics)とは、機構が情報の拡散を制御、抑制するために使用される、記憶に対して作用する薬物、およびそれを使用した記憶操作のことです。最も一般的に使用されるクラスAは、個人に対して特定の期間の全ての記憶を忘却させます。クラスG、P、R、Tは特殊なクラスであり、それぞれ特定の目的に使用されます。

Viderics

Videricsとは、人間の知覚に存在する矛盾を除去する神経伝達物質"アノプチシン"の働きを阻害しする効果のある薬物です。Videricsを使用すると、通常知覚することのできない異常性やその他の存在を知覚することができるようになります。

ACSマニュアル


アンダーソン統一スケールに関する書類

アンダーソン整合性スケールに関する説明

アンダーソン整合性スケール(ACS)による分類が技術的な文書において広く使われるようになって以来、数人の研究者の間でこの新しい用語についての混乱がみられます。このページでは、旧来の形式での分類に慣れている研究者向けに、ACSについて簡単に説明します。

アンダーソン-エックハルト整合性テスト

アンダーソン-エックハルト整合性テスト(AECT)は現在知られている中で、対象のACSを読み取るための方法として十分な一貫性を持つ、最も正確な方法です。このテストは3059の個別テストで構成されており、各テストは「低整合性」「中整合性」「高整合性」の結果を得ることができます。

情報年表


歴史的な事実を記した文書

異常性についての年表

この年表の草案は、歴史家マッカーサー・████の自宅で発見されました。我々が気づかないうちに、彼は我々の業務や起源を古代まで遡るために、彼が持つセキュリティクリアランスを使用しました。

機構の歴史

この冊子では、歴史局、及び偽史研究によって明らかになった我々の組織の歴史的な年表を、中世後期の起源から19世紀の現在の組織の設立まで確認することが出来ます。

その他


異常性爆発

第一次世界大戦以後、異常なイベントやオブジェクトの報告は、それ以前の40年間と比較して████%増加しており、近代的な物体に対してより多くの異常性が現れています。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License