RPC-996

3

5

us.png
alpha-yellow.png
RPC-996.JPG

RPC-996内の消防塔。

登録事象コード: RPC-996

オブジェクトクラス: Alpha-Yellow

ハザードタイプ: 音声的, 接触性

収容プロトコル: RPC-996の周囲は、有刺鉄線を頂いた高さ3m以上のチェインリンクフェンスで固定しなければなりません。この周辺部は、セキュリティチーム ロメロ-2( "パーク レンジャーズ")によって不正な侵入の可能性がないか監視されます。無許可の個人がRPC-996の周辺に侵入した場合、その個人は無期限の勾留下に置かれ、適切な尋問を受けることになります。

説明: RPC-996はウェストバージニア州の農村部にあり、複数の異常な特性を示しています。RPC-996は樹木でおおわれた土地の静的1小区画で、アメリカインディアンが以前に住んだことが知られています。特徴的なこととしては唯一、消防塔が建てられていることがあげられます。

RPC-996の最初の顕著な異常な特性は、自然の音が完全に欠けているということです。この特性は通常”「耳鳴り」が聞こえてくる”という被験者の報告によって確認されます。またRPC-996内では、人工的な音(例:足音、話し声、咳など)が現れてきます。

RPC-996の第2の異常な特性は、被験者がRPC-996内の樹木および/または消防塔を登ろうとするときに現れます。被験者が樹木と消防塔の高さが異なる点に達すると、突然「フェードアウト」するのと同じような効果が開始され、それは被験者が完全に消えるまで続きます。

RPC-996の異常な特性に関するさらなる研究が進行中です。

補遺: 19██/██/██、ゾフィア・スコーラス2のものと遺伝的に一致するひどく変形した死体が、RPC-996の真上から見えました。その後、死体は消防塔の上にぶつかり、そこから転がり落ちるように約45m下にあるRPC-996の床に着地しました。

死体をさらに調べると、以下のものが発見されました:

  • 死体はその下顎を欠いていました。
  • 死体の頭皮は無理やり剥がされていました。
  • 死体の胸郭部は不規則に破壊されていました。
  • 死体には脳がありませんでした。

さらなる調査が進行中です。

« RPC-995 | RPC-996 | RPC-997 »

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License