RPC-686

5

5

us.png
beta-orange.png
rpc.jpg

2004/4/15、機動部隊エコー-07によって使用されているRPC-686。

登録事象コード: RPC-686

オブジェクトクラス: Beta-Orange

ハザードタイプ: 高等知性, 有機的, 時間的

収容プロトコル: RPC-686は、サイト-002の標準ヒューマノイド用チャンバーに収容されます。RPC-686は、異常な性質のために2000年7月9日現在、MSF エシェロン-07 "L'Infanterie(歩兵)"に配属、参加することが許されました。GPS追跡装置がRPC-686の首に埋め込まれています。

RPC-686がエシェロン-07部隊員から離れ過ぎると、MSF エシェロン-07はRPC-686を追跡し、一時的に収容します。しかしながら、今のところ前述のシナリオは発生していません。

説明: RPC-686は175センチメートル、体重66キロの人間の女性です。RPC-686の名前はナディア・バロトンと記録されています。1RPC-686はフランス語と英語に堪能ですが、RPC-686の英語には訛りがあります。RPC-686は部隊員に対して危害を加えたことはありません。また、ある事例では災害の状況下において職員を保護したこともありました。2

RPC-686は、解剖学的に23から27歳の異常性を有しない人間の女性と同一の存在です。RPC-686は、平均的な人間の女性と比較して、より顕著な強度、敏捷性、耐久性を持っています。RPC-686の異常な特性は、RPC-686が致命傷を負ったときに現れます。RPC-686が無力化された場合、RPC-686は最後に見つかった場所に再現されます。この過程は、限定的なタイムループ形式を経由することで実行されているものとして理論化されています。RPC-686が老化しないという事実は、この理論を支持するさらなる証拠とされています。

RPC-686が無力化された際、同様に生物を再活性化することもできますが、このプロセスが発生するためには厳しい条件が満たされなければなりません。またこの手段ではRPC-686は無生物オブジェクトを正しく複製することはできません。

補遺-006-発見: RPC-686は1999年█月26日、フランスのアミアン郊外での軍事演習中、偶発的にRPC-686が致命的な銃撃を受けた際に発見されました。RPC-686はその5秒後、完全に無傷の状態で再現されました。フランス陸軍は機関に連絡し、機関はサイト-014にRPC-686を収容しました。
MSF エシェロン-07のリーダーであるアドリアン・モリヌーは、RPC-686に幾つかの制限を掛けた上でテストを行った後、エシェロン-07に参加することを推奨しました。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License