RPC-456

2

2

us.png
flower.png

ウェールズ南東部で撮影されたRPC-456実体であり、この写真には撮影者の好みが映し出されています。

omega-white.png

登録事象コード: 456

オブジェクトクラス: Omega-White

ハザードタイプ: [該当なし]

収容プロトコル: なし。1


説明: RPC-456は墓地にしか出現しないラン科の植物のことを指します。RPC-456実体は栄養を必要とせず、岩、アスファルト、沈泥、雪、氷などから生えてくることが確認されているため、あらゆる環境下で生存することが可能です。実体は無花粉で成長や繁殖をしませんが、墓を観測していない場合に出現します。

RPC-456はミーム的特性を示しており、RPC-456を感知した人物は、この花が自分の好みの花であると認識します。

RPC-456の影響を受けた墓は一般的に生前において、近親者がほとんどいなかった人物であるとされています。記録された事例の65.3%は生前に親密な人間関係を持たない人物の墓でした。

RPC-456が生えている墓に個人名が明瞭に刻印されていない場合、RPC-456と共に中級品質の木製の墓標が出現します。また、埋葬された人間が最も標準的な言語で下記のような文字で刻印されています。

いい子よ、ゆっくりとお休み。

RPC-456を鑑賞する人間が好みの品種の花がない場合、RPC-456は白い菊として出現します。


« RPC-455 | RPC-456 | RPC-457 »

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License