RPC-371

3

3

us.png
alpha-orange.png
RPC-371

RPC-371-1。

登録事象コード: RPC-371

オブジェクトクラス: Alpha-Orange

ハザードタイプ: 機械的, 視覚, 感情操作, 変形, イデオロギー

収容プロトコル: RPC-371-1およびRPC-371-2は、サイト-002の0.2メートル×0.3メートル×0.3メートルのガラスケースに収容されます。RPC-371-2は、実験目的以外にRPC-371-1に挿入されることはありません。RPC-371-3の実体は、RPC-371-1がアクティブな場合、実験の一部でない限り無力化されなければなりません。RPC-371-1が休止しているときにRPC-371-3の実体が生存している場合、その実体は隔離されます。死亡したRPC-371-3の遺体は、2人のCSD職員がフルハザード・キットで回収するものとします。

RPC_idea

RPC-371-2挿入時におけるRPC-371-1の起動画面の複製。

説明: RPC-371-1は、1998年に製造されたソニープレイステーションSCPH-7501モデルのコンソールです。RPC-371-1に挿入されたプレイステーションゲームはRPC-371-2を除いて正常に機能します。RPC-371-2は完全に黒色のCD-ROMディスクで、前面のブランク部分以外はプレイステーションのゲームディスクのものと同じです。RPC-371-2が異常でないプレイステーションに挿入されると、RPC-371-2はユニットのBIOSを即座に破壊し、システムを動作不能にします。RPC-371-2がRPC-371-1に挿入された際にRPC-371-1の異常な特性が現れます。RPC-371-2をRPC-371-1に挿入した状態で電源を投入すると、ディスク読取り不能の警告と起動シーケンスがほぼ同時に発生し、不正チップ検出の警告音が合成されます。

rpc_n

RPC-371-2によって生成された画像の複製。

RPC-371-2は起動シーケンスの1分後にロードされます。RPC-371-2には、ルーマニアの元指導者ニコラエ・チャウセスクと大きく似ているRPC-371-3実体のASCIIイメージが含まれています。この段階に入ると、RPC-371は認識ハザードとみなされます。RPC-371-2によって生成された画像を3分間見た場合、被験者はさらに画像を見続けたいという強い希望を訴えるようになります。RPC-371-2で作成された画像を5分間見た場合、被験者はパラノイア、恐怖症、憤怒といった極端な感情を表すようになります。RPC-371-2によって生成された画像を15分間見た場合、被験者は自殺思考を持つようになりますが、行動は起こしません。RPC-371-2によって生成された画像を30分間観察し続けた場合、被験体は突然変異を始めます。突然変異には、黒化した静脈、目の赤強膜および黒虹彩、被験者の歯および爪の鋭利化、および被験者の皮膚の内側に現れる静脈状の蔦といった症状が現れます。現在、被験者はRPC-371-3と呼ばれることになっています。RPC-371-3の実体は人間の知性を保持しており、RPC-371-1がオフになっている場合、特に誘発されない限り、人間に対して非敵対的です。PC-371-3実体は「箱」を神性のひとつとして崇拝することが明らかになっています。活動状態にあるRPC-371-3の実体は、RPC-371-2によって生成された画像を見て突然変異する前の実体およびRPC-371-1の半径20m以内にいる人間に対して敵対的です。RPC-371-3実体は、人間に対して引っ掻き、噛み、または腱を切ることによって突然変異を拡散することができます。

発見: RPC-371は1998年12月10日、カナダのサスカチュワンにある█████の小さな町で、突然変異を起こした男性が家族全員を襲撃し殺害した際に発見されました。後にこの男は、家族好きな35歳の男性である███████████として識別されました。RPC-371-3はその後、地元の警察に殺される前に通りに入りました。RPC-371-1を収容していた部屋は蔦で満たされていました。カナダ政府は迅速に事件を聞きつけ、機関に通知しました。RPC-371-1とRPC-371-2が回収された後、█████の住居が解体され、町の水道に記憶処理剤が入れられました。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License