RPC-005

5

2

us.png
beta-red.png

登録事象コード: RPC-005

オブジェクトクラス: Beta-Red

ハザードタイプ: 攻撃性, 水性, 再生, 高等知性, 変形, 接触性, 超次元的1

収容プロトコル: RPC-005はサイト-002より北西70キロメートル離れた場所(サイト-002-A"The Ziggurat"としてデザインされたもの)の標準人型収容室にある遠隔収容用の囲いに厳重に収められます。既存もしくは取り替えられる電化製品は緑に染色されるか緑色の影に覆われなければなりません。

すべての液体はRPC-005の収容室より最低10キロメートル離れた場所に保管しなければなりません。サイト-002-Aにおけるトイレは吸引式のものとしてください。RPC-005に割り振られた職員はサイトに一切の液体を持ち込んではなりません。雨に備え、RPC-005の収容室は30秒以内にエアロゾルで満たすことができる状態にしてください。

RPC-005の5キロメートル以内にいるすべての職員はアクアグリーン(hex-code: #03BB85)の衣服を着てはなりません。すべての男性職員(特に18~25歳)はRPC-005の収容室に立ち入ることが禁止されています。RPC-005に対する実験と交流はレベル3以上のセキュリティクリアランスをもつ女性職員に制限されています。RPC-005の収容室に入るすべての職員は少なくとも二人常にRPC-005に照準を合わせている工業用ネットガンで武装した職員を同伴させなくてはなりません。インタビューはインターコムを介して行われ、実体の観察は単一の厚さ9 cmの防弾窓を通して行われます。

RPC-005はいかなる形態の栄養も必要としないようですが、機構は進んで干し魚の盛り合わせからなる「供物」をバナナの葉を乗せた丸い竹の大皿で提供します。「供物」は一日中いつでもRPC-005の要求に応じて与えられます。

RPC-005はその要求に応じて物品を標準の収容プロトコルに違反しない範囲で提供されます。要求された物品の承認は最低二名のレベル3以上のクリアランスをもつ職員が行ってください。

現在要求されている物品は以下のものです。
・毎年4月16日に一人の男性の生贄(却下済)
・アクアグリーンの壁紙16枚(承認済)
・自身の有名な油絵の肖像画一枚(承認済)
・月下香の花束3つを3日ごとに交換すること(承認済)
すべての要求されている物品のリストは文書005-Aを参照してください。

説明: RPC-005はその形を変えることができますが2大抵は身長165cm、スリムな体型で約55kgの女性と認識される人型の実体です。RPC-005は4つの異なる緑の陰影をもつ16世紀のジョグジャカルタスルタンの服装に身を包んでいます。

RPC-005は発射体及び鈍器による外傷に対して(痛みを無視することはできませんが)優れた回復力を示し、24時間以内に欠損した手足を完全に再生することができます。RPC-005はその回復力にもよらず、通常の手段(頭部に対する鈍的外傷と鎮静剤による鎮静が最も効果的だと判明しています)により無意識状態にすることができます。RPC-005は約5 1km以内の液体を操作する能力を有しています。しかし、奇妙なことに、RPC-005は体液(血液や汗など)を操作することができません。

RPC-005はその姿を変えます被験者の自身に対する意識を脅迫、誘惑、迷彩機能のうちのいずれかの形で変化させます。RPC-005の既知の容姿は次のものです。

  • 長さ約10mの鋸刃状の鱗を持つ海蛇
  • ███████博士に似た顔の特徴をもつ女性研究員
  • 身長約145cmの高齢の女性
  • [削除済]

RPC-005は対象の肌へ直接接触することにより対象を殺害する能力を有しています。CSD職員にRPC-005へ危害を与える実験を行ったところ、RPC-005との接触により被験者の脳内の化学プロセスが即座に停止しました。研究により、ROC-005は女性被験者は無視する一方で稀に男性職員を誘惑し、[編集済]させることがわかりました。

RPC-005は流暢なインドネシア語、ジャワ語、オランダ語、日本語、英語を話すことができます。RPC-005実体は収容前の出来事について話すことを拒みます。RPC-005は、その異常な能力の獲得に関しての質問をされた場合、すぐに話題を変えようとします。

RPC-005はジョグジャカルタの住民により、"Nyai Roro Kidul"と正式に名付けられています。名前は他に"Ratu Laut Selatan"3、"Gusti Kanjeng Ratu Kidul"4があります。RPC-005は、質問をしている職員に対して個人的に実名である ████ ██████という名前で接するよう要請しました。

付記 1:発見・収容の経緯: RPC-005は194█年██月██日にジョグジャカルタで活動するOSSエージェント██████が同僚に対する違和感を報告したことにより、機構の目に留まりました。CIAのリバーボート「マダムクラック」の█████ ███████船長もまた195█年██月██日、南海岸を航行中に同様の感覚を報告しました。ボートがプロゴ川の河口から40km上流に移動した後、その感覚は突然なくなりました。

RPC-005は████年██月██日にCIAのクーデターによる[データ削除済]の転覆の失敗の後機構によって勾留されました。RPC-005の回復は比較的簡単になされました。捕獲は原始的な漁網と障害のある26歳の男性被験者を囮にすることで達成されました。しかし、実体の特性により、インド洋に高さ██mの荒波が生じ、██当局とCIAエージェントが衝撃で殺されるか、████の住民とともに作戦行動中行方不明となりました。

RPC-005は何事もなくサイト-002-Aに移送されました。Magenta Almeida博士はRPC-████を無力化した後、RPC-005を監督する主任研究員として再任されました。Almeida博士は████年██月██日に辞任し、RPC-005は現在の主任研究員であるMalina Reynolds博士に引き継がれました。

付記 2:再収容プロトコル:
プロトコル 005-B-1"Drought"
RPC-005の再収容について。収容違反が発生した際、次の手順をとってください。

  • セキュリティクリアランスレベル1以上のサイト勤務の職員が優先度の高い男性職員とともにサイト-002-Aから避難してください。
  • サイト勤務の職員を主要な廊下に集めてください。必須の身元確認検査は少なくとも二人のレベル4以上の職員が行ってください。
  • サイト-002-Aから40km以内にあるすべての配管パイプを速やかに排除してください。
  • サイト-002-Aのすべての除湿システムを一斉に起動してください。
  • サイト勤務でセキュリティクリアランスレベル3の警備員は、サイト-002-Aの武器庫から標準RPC-005収容装備を受け取ってください。
  • 機構の衛星および/もしくはFLIRとIRNVシステムを用いて半径20kmでサイト-002-Aの周囲をスキャンする高高度偵察UAVを使用してください。
  • 機構の駆逐艦ANFV Ratatosk、ANFV Arachnae、ANFV Vootrekker を[編集済]の海岸近くに待機させてください。
  • ASF即応部隊NRK-02"Mermaid"をサイト-002-Aの外部で待機させてください。(NRK-02には機構の IFV LAV-25一つと FAV Meyers Manx 2つが提供される場合があります。)
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License