RPC-002-ARC

4.6

5

us.png
colt2

RPC-002-ARC

alpha-yellow.png

登録事象コード: RPC-002-ARC

オブジェクトクラス: Alpha-Yellow

ハザードタイプ: 機械的, 非物理的, 記憶操作

収容プロトコル: RPC-002-ARCは標準的なAlphaクラスコンテナに収容されます。RPC-002はレベル3の研究員の指示の下、実験目的でのみ移動させることが可能です。RPC-002-ARCは認可された実験エリア外では使用せず、認可された標的にのみ使用してください。有機物を利用した全ての実験は、サイト-███の管理官に承認されなければなりません。 補填 002-ARC-1を参照してください。

説明: RPC-002-ARCは、銀色に染色され、木製のグリップを持つコルト・シングル・アクション・アーミーです。RPC-002-ARCは弾が装填されていない時は異常な性質を示さず、またトリガーを引いた時も異常な効果はありません。RPC-002-ARCに装填された銃弾の材料と品質は、RPC-002-ARCの異常な効果の輸送手段としてのみ効果を持ちます。RPC-002-ARCから発砲された銃弾がオブジェクトに接触した場合、原子の構成要素に影響を与え、シリンダーから発砲されたものに基づいて物質を変化させます。これは貫通を必要とせず、どのような速度でも発生します。より複雑な化合物にも影響を与えますが、効果は遥かに低い上に、範囲が狭く、不純物によって化合物全体が新しい元素に変質しないことが頻繁に見受けられます。

基盤となる元素に使用すると、RPC-002-ARCは元素を別の元素、状態、または構造に変化させます。これはRPC-002-ARCで回転しているシリンダーによって変化します。どの弾倉がどのような効果をもたらすか記録し、分類するために多数の試みが行われましたが、シリンダーは異常なまでに綺麗かつ自己を清潔にするものと見られ、全てのマーキングを防いでいます。また、RPC-002-ARCは軽度の認知ハザードを引き起こすと見られています。各シリンダーの正確な回転数の記憶に集中している人は、誤った数を記憶し、研究員が事前に回転数を書き留めるよう指示した場合でも、その数が正しいと確信するようです。困難ではありますが、弾倉を破壊した場合のみ、実験と各シリンダーのマークが可能になります。

各シリンダーは、実験で破壊された順番に従い、実験ログの最後にダッシュで示されます。

補填 002-1: 全ての実験は統括管理官04の命令によって中断されました。RPC-002-ARCの異常な自己隠蔽性質と、インシデント RPC-002-ARC-6により、さらなる実験の続行は危険すぎると考えられています。

補填 002-2: RPC-002-ARCは、理事会の命令により██/██/████にサイト-001に移転されました。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License