準要注意団体

準要注意団体



概要: この文書には、機構と似ていて、超常現象やオカルトを扱うことで知られていた組織やグループが含まれています。これらの組織は、現在では消滅したり、闇に葬られたり、脅威が小さくなりすぎて、大きな分類ができなくなったりしています。

真正芸術アカデミー

vella_arte_outlined.png

Ambiguous­­

  • Authority-Aware
  • Unveiled
  • Sculptor
  • Structured
  • National

L'Academia della vera arte」または「真正芸術アカデミー」は、ヨーロッパを起源とする美術学校ですが、実際の物理的な位置の特定は失敗しています。アカデミーの会員には、非常に多くの異常な、あるいは異常でない人が含まれ、過去から現在において広く知られるさまざまな有名な芸術家が所属していると見られています。会員はいろいろな偽名のもとで頻繁に活動しており、偽名は芸術家によって作り出された表現手法と美術様式のテーマに関連する言葉から選ばれています。

アカデミーと彼らの製作物である異常な芸術作品の発見後、機構はアカデミーに反抗して活動する巨大なコミュニティの存在を認識しています。コミュニティの大部分は、アカデミーの支援による活動を拒否された、あるいは禁じられた人々から構成されており、多くの芸術家が不安定で危険、かつ予測のつかない異常な作品を製作しています。アカデミーは、芸術家の捕獲と、彼らの作品の収容につながる情報を素直に提供しています。また、そのような作品は、社会構造を破壊せずに異常な芸術作品を製作するという、アカデミーの目標に反していると明らかにしています。

アカデミーの主な目標は、低レベルの異常な芸術作品の普及です。彼らは歴史を通し「現実こそが我々のキャンバスだ」というスローガンのもと一貫して活動しており、奇抜ではあるものの無害な物理現象や、現実改変ハザードを引き起こすものを創り出す傾向があります。会員の捕獲と尋問は機構において中程度の優先事項ですが、悪性分子の特定に関する継続的な協力は留意しておかねばなりません。アカデミーから拒絶された、または以前所属しており、特に異常な作品の製作に関わっていた人物の場合、優先度の高い捕獲対象となります。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License